通常検索
詳細検索

現在地

世界の出版社の電子ジャーナル・ブックの無料アクセス開放について(新型コロナウイルス感染症対応)

新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛が求められるなかで、研究者や学生の自宅学習を支援するため、
コンテンツの無料アクセス開放を行っている出版社について紹介します。

 

出版社 対応
Annual Reviews 6/15まで全コンテンツの無料アクセス開放
Cambridge University Press 5/31まで700タイトル以上の教科書の無料アクセス開放
Geological Society of America 6/30までGeoScienceWorldで公開している全電子ブックの無料アクセス開放
JSTOR 6/30までJSTORの公衆衛生関連ジャーナルの無料アクセス開放
Microbiology Society 全コンテンツの無料アクセス開放
New England Journal of Medicine 臨床教育向けコンテンツについて無料アクセス開放
Royal Society 全コンテンツの無料アクセス開放
SpringerNature 500タイトル以上の教科書について無料アクセス開放

京都大学附属図書館作成のリストに基づき作成。
※上記以外にも多くの出版社が同様の対応を採っています。可能な限り、リストも随時更新していきます。

 

 

タグ: